【無料】過食材がなくても不安にならなくなる方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -

元・非嘔吐過食おデブ根暗。過食克服のために対人関係と考え方を矯正→自信がついて人と関わることが好きになり、毎日幸せに過ごせるようになりました。過食症を通して自分と向き合ったおかげで人生が変わった人。

みちる

この記事を書いている人 - WRITER -
元・非嘔吐過食おデブ根暗。見た目>体重✨過去の私のように悩んでいる人の力になりたい。心の幸せ・精神の安定が1番大事❤️

んばんは。

 

最近は彼氏がプレゼントしてくれた

ジェラピケのパジャマに身を包まれて

 

お家で布団に入ってYouTubeを

見ているときが

至福のひとときなみちるです❤️

 

 

暖かい部屋で、快適な服を着て

好きなドリンクを飲み

誰の目を気にすることもなく

 

こうしてブログを書きつつ

のんびりとしていられる時間

これがとても幸せなんです。

 

過食をしていた頃は

家の中にいたら

 

・買ってきた食材を過食⇆寝る

・ネットで過食をやめる方法探し

 

くらいしかすることがなくて

毎日絶望していました💔

 

 

 

でも今は「過食するかも」

という不安がなく

 

好きなものを好きなときに

食べていいと思えているので

とても幸せです😊

 

もしあなたが

 

家にいたら過食する・・

と、過去の私のようであれば

ぜひこの先を読み進めてくださいね💫

 

て、今回は

「過食材が家になくても

不安にならなくなる方法」

について書いていきます!

 

あなたはこんなことを

思ったことはないでしょうか?

 

今日は1日予定がない。最近は食べることしか頭になくて休日の過ごし方がわからない・・・

周りの友達は楽しそうに外食している中、私は1人で過食材買って何しているんだろう・・・

 

今日家に帰って何を食べよう。過食材家にあったっけ。過食材が家にないと不安だ・・・

 

 

「過食をやめなきゃ」

と頭ではわかっているけれど

過食をしないと自分を

保てそうにないんです。

 

私も過食をしていた頃は

そのような状況だったので

とてもよくわかります。

 

何度やめようと思っても

買ってしまったら止められない。

 

過食症の状態のときに

大袋のお菓子を買って

今日は半分だけ!

と決めていても

 

そんな風に意志の力を以ってして

半分でやめられるわけないのです。

 

ですから、過食をしないためには

「買わない」とことが

最も良い解決策なのですが

買わないと不安になりますよね。

 

そういう方に向けて、

今回は過食材を買わなくても

不安にならなくなる方法

お伝えします!

 

ぜひこの先を読み進めて

その不安から

解き放たれてくださいね🌟

 

過食材がなくても不安にならなくなる方法

は、結論からお伝えします!

 

過食材がなくても

不安にならなくなる方法

 

それは、

「幼少期に好き

だったことをする」

これだけです。

 

この方法が有効な理由

 

し、あなたの幼少期のことを

思い出してみてください。

 

今は常に体重と食べ物のことしか

頭にないかもしれないけれど

過食症になる前は違ったはずです。

 

過食症になる前のことを

思い出してみましょう。

 

そういえば旅行が好きだったな・・

そういえば勉強が好きだったな・・

そういえば体を動かすことが好きだったな・・

でも最近は全くしていないな・・

 

そういうことがあると思います。

 

(ちなみに私の場合は

折り紙や手芸、ピアノ、

料理、勉強などの

1つのことに集中することや

↑心理カウンセラーの勉強ノート。書くと

覚えられるだけでなく、心が静まります。

 

体を動かす、ビデオを見るなどの

思考を止めることが好きでした。)

↑最近ハマっているYouTuberパーカーさん。

動画を見ることも好きです😄

 

そして、その幼少期に

好きだったことを

もう1度行ってみてください。

 

過食をやめるためには

 

「今、食と体重について

考えている時間をほかの

楽しいことに置き換える」

 

ことが必要です。

 

今は「食と体重」にしか

意識がいかないかもしれませんが

 

食と体重について

考える時間を少しずつ減らす

努力をしていきましょう⭐️

 

 

もうこれ以上悩まないために

 

もそも、

「悩む」「気を病む」

という状況は

 

特定のあることについて

無意識のうちに

考える時間が長くなることによって

引き起こされます。

 

上司との関係で悩んでいる

彼氏が冷たくて悩んている

体型について悩んている・・等

 

どれも特定のことについて

長く考えているから

「悩む」「気を病む」

という状況になっているわけです。

 

ですから、そのことについて

考えるのをやめたければ

 

「強制的にほかのことを

する時間を増やす」

ことが必要なんです。

 

「考えるのをやめる」

と決意したところで

 

意志の力で考え事を

操作することは

不可能に等しいので

 

環境を以ってして

そのことから離れられるように

することが必要なんです。

 

過食の場合、それが一種の

「快感」であり「心の拠り所」

「何も考えなくて良い時間」

となっているわけですから

 

それに代替できるのは

「楽しい」という

プラスの感情が働くことに限る

 

まり、食以外で

楽しいと感じることを

する必要があるんですね。

 

これが見つかれば、

 

過食材がないとすることがない・・

 

と不安になることはなくなっていき

 

食について執着が減っていくので

ぜひ実践してみてくださいね❤️

 

では、早速今すぐに

幼少期に好きだったことを考えて

やってみましょう⭐️

 

まとめ

 

幼少期に好きだった

ことをやってみて

 

今、食と体重について

考えている時間を

 

ほかの楽しいことに

置き換えていこう⭐️

 

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました❤️

 

 

みちる

 

この記事を書いている人 - WRITER -
元・非嘔吐過食おデブ根暗。見た目>体重✨過去の私のように悩んでいる人の力になりたい。心の幸せ・精神の安定が1番大事❤️
 

Copyright© Happy Diet Lab , 2019 All Rights Reserved.