2019/01/22

体重は測ったほうが良いのか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

元・非嘔吐過食おデブ根暗。過食克服のために対人関係と考え方を矯正→自信がついて人と関わることが好きになり、毎日幸せに過ごせるようになりました。過食症を通して自分と向き合ったおかげで人生が変わった人。

みちる

この記事を書いている人 - WRITER -
元・非嘔吐過食おデブ根暗。見た目>体重✨過去の私のように悩んでいる人の力になりたい。心の幸せ・精神の安定が1番大事❤️

こんばんは!

 

小学4年生から中学3年生まで

1日何回も体重計に乗って

体重をキープし続けたみちるです。

 

今日は

「体重を測った方が良いのか?」

ということについて

お伝えします🔮😎✨

 

あなたは

体重を気にして生きてきましたか?

 

体重の増減に一喜一憂して

自分を振り回されてきましたか?

 

実は、今回お伝えすることは

体重を気にしていれば

気にしているほど、

効果があります✨

 

「私のことかも・・」

と思ったあなたは、

 

ぜひこの記事を最後まで読んで

 今の自分の段階を

把握してください✨

 

そもそも体重は測った方が良いのか?

 

結論からお伝えします!!

 

私の経験から導き出した答えは

「測ったほうが良い人と測らない方が良い人がいる」

です。

 

あなたは測った方が良い人?測らない方が良い人?

 

あなたは①②③の

どれに当てはまりますか?

 

直感で答えてください。

 

 

①今まで体重に

無関心で生きてきた

 

②体重に関心はあるが

数値に執着していない

 

③体重に非常に関心があり

1日に何回も体重計に乗っている

 

 

どれに当てはまりましたか?

 

自分の答えが決まった方のみ、

これ以降の文章を

読み進めてくださいね。

 

 

では、お伝えします。

 

①と②に当てはまった方は

測った方がよくて

 

③に当てはまった方は

測らない方が良いです。

 

測った方が良いのは「〇〇」だから

 

その理由をお伝えしていきます。

 

まず、①の「今まで体重に

無関心で生きてきた人」

 

この①に当てはまる方は

体重を測った方が良いです。

 

①に当てはまる方は、

 

そこまで体型に

コンプレックスを

抱いていなかったり

 

今までの人生では

体型に悩まされることが

少なかったと思います。

 

この方々が

体重を測った方が良い理由は

 

「自分の体の現実に興味を持つ

ことが必要だから」です。

 

まず、興味を持たないことには

健康的なご飯を食べようという

意識すら芽生えません。

 

意識が芽生えないことには

コンビニのご飯ばかり

食べていたとしても

 

その自分に対して

疑問を持つことができません💦

 

「体重を測る」ことは

自分の体に興味を持つために

とても簡単で有効な

きっかけになります。

 

だからまず!!

 

体重を測って

自分の体に興味を持ってください✨

 

 

次に、②の

「体重に関心はあるが

数値に執着していない人」。

 

この②に当てはまった方々も

体重を測った方が良いでしょう。

 

そして世間の大多数の人が

この②に当てはまります。

 

この方々が体重を

測る回数は様々で

 

健康診断のときだけ測ったり

月に1−2回測る人

週1回測る人

気が向いたと気にだけ測る人

毎日、朝夜と1回ずつ測る人

 

いろいろだと思います。

 

この②に当てはまった方が

測った方が良い理由は

 

「体重をただの数値として

捉えることができていて

 

自分の存在価値と

混同せずに考えることができるから」

です。

 

体重と自分の価値を切り離して

捉えることができているので

 

体重の増減に自分の

気分を大きく左右されません。

 

たとえば体重が1kg増えたとしても

 

うわー!増えた!!最悪。もう食べてやるー!」

と、自暴自棄になることはなく

 

 

増えた。何が原因なんだろう?

と、冷静になって

現実を見つめることができます。

 

なので、目の前の

「行動」(改善策)だけに

意識を向けることができるのです。

 

行動に集中できるので、

遅かれ早かれ

結果はついてきます✨

 

なので、この②に

当てはまった方々は

 

今のまま、

ストレスがない程度に

測ることを続けて

 

自分の体の変化を

楽しんでいきましょう✨

 

測らない方が良い人たちは〇〇だから

 

最後に、③の

「体重に非常に関心があり

1日に何回も

体重計に乗っている人」。

 

この③に当てはまる人は

体重を測らない方が良いです。

 

ここに当てはまる方々は

過去に体重や体型に関して

心が傷むような思い出が

ある方が多いと思います。

 

たとえば

過去に数百グラム単位で

体重を制限されていた

経験があったり

 

自分に厳しくすることが得意で

「食べない」ダイエットをして

極端に体重を減らした

経験があったり

 

「痩せていることが正義」

という価値観の元で

育てられてきたり・・・

 

するのではないでしょうか?

 

この③に当てはまる方々が

体重を測らない方が良い理由は

 

「体重を自分の価値と

混同して考えがちだから」です。

 

過去の様々な辛い経験や

トラウマが原因で

 

体重を自分の存在価値と

結びつけて考える

思考のクセがあるので

 

例えば体重が1kg増えたら

 

うわー!増えた!!最悪。もう食べてやるー!」

 

自暴自棄になりやすかったり

 

食べてしまったことに対して

 

自分なんてクソだ。ダメ人間だ。

 

極端に自己評価を下げたり

する傾向にあります。

 

その結果、結果=体重ばかりに

意識が持っていかれて

 

体重に自分のメンタルを

振り回されるので

 

目の前の行動(改善策)に

集中するのが難しい状況

なっています。

 

なので、まずは

「自分の存在価値と

体重を切り離して考える」

 

という思考のクセを

つけることが必要なのです✨

 

この③に当てはまった方々は

ひとまず体重計を片付けて

体重を測るのを

やめてみましょう。

 

期間は人それぞれですが

長い人でも半年ほどで

 

体重の数値と自分の価値を

切り離して考えることが

できるようになりますよ✨

 

さらに、

体重の数値を知ることに

費やしていた時間と脳を

他のことに使えるようになり

 

「体重より見た目」

という考え方も腑に

落ちるようになっていくでしょう。

 

体重であなたの価値は決まらない

 

いかがでしたでしょうか?

おそらく、この記事を

読んでくださっている方は

③に当てはまった方が

多いのではないでしょうか。

 

努力と強い意志をもって

体重をコントロールしてきた

経験があるのではないでしょうか?

 

その過去は、悪いことでは

ありません。

 

むしろ

素晴らしい才能を持っている

と自分で褒めてあげましょう。

 

 

①〜③に良し悪しはありません。

 

大切なのは、

自分の状況を客観的に見つめ

それに合った

対策をとっていくことです✨

 

まとめ

 

 

▶︎ 体重を測った方が良いのは

①今まで自分の体重に無関心だった人

②体重をただの数値と捉えられる人

 

▶︎ 体重を測らない方が良いのは

③体重に執着して1日に何回も

体重計に乗っている人

 

幸せになるために

始めたダイエットなのに

 

気がついたら

体重に自分の機嫌が左右されるのが

当たり前になって

 

毎日の生活を体重に支配されて

日常を楽しめなくなっていた・・

 

そのようなことになるのは

とてももったいないです。

 

体重に振り回されて

本末転倒にならぬよう

 

「今自分は幸せ感じられてるかな?」

 

ということを

意識して過ごしましょう❤

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました✨

 

みちる 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
元・非嘔吐過食おデブ根暗。見た目>体重✨過去の私のように悩んでいる人の力になりたい。心の幸せ・精神の安定が1番大事❤️
 

Copyright© Happy Diet Lab , 2018 All Rights Reserved.