2019/01/05

痩せよう!→体重を減らそう!という思考は超危険なので、今すぐにやめてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

元・非嘔吐過食おデブ根暗。過食克服のために対人関係と考え方を矯正→自信がついて人と関わることが好きになり、毎日幸せに過ごせるようになりました。過食症を通して自分と向き合ったおかげで人生が変わった人。

みちる

この記事を書いている人 - WRITER -
元・非嘔吐過食おデブ根暗。見た目>体重✨過去の私のように悩んでいる人の力になりたい。心の幸せ・精神の安定が1番大事❤️

何よりも体重が大事だった過去

1週間ごとに数値目標をたて

目標達成のために逆算して

 

今日は◯◯kg減らす・・・!

みちる

 
と毎日体重と闘っていたみちるです。
 
 
私は昔、新体操という
スポーツをしていました。
 
私は、小さい頃はぽっちゃり
体型だったのですが、
新体操にのめり込んでいくほどに、
 
体重を減らしなさい、減らしなさい。
と言われるようになりました。
 
 
まるで、体重が何よりも
大事であるかのように…
 
 
正しい知識もなかった私は
それを素直に信じ、
努力し続けました。
 
 
ストイックでだった私は
給食もとことん減らし、
おやつも絶対に食べない。
 
 
少しでも体重が増えたら意地でも
戻すという生活をしていました。
 
その結果、中3になっても
身長138cm 体重29kgのままでした。
 
 
頬は瘦せこけ、
足は鶏ガラのように
“ガリガリ”になりました。
 
 

中3年でその身長ってちょっとやばいんじゃない?!

友達

 
と人に言われて、
病院へ行って検査してもらったら、
 
なんと!成長ホルモンが
出ていませんでした。
 
 

いやいや、私はもう大人だし、成長ホルモン出てるし。

昔のみちる

 
 
と思ったあなたはやばいです。
 
 
 
自覚していないだけで、
気づいたら摂食障害に
なってしまう可能性が高いのです。
 
 
嘔吐を伴わない過食症になる人の
9割はダイエットからスタート
しているということも
分かっています。
 
 
だから、今は自覚がなくても、体重に
とらわれたダイエットをしていると
 
無自覚のうちに
過食症になる確率が高いのです。
 
 
なぜなら、
制限をしているから。
 
 
体重の目標を達成して、
制限から解放されたとき、
その反動で過食をしてしまうのです。
 
 
 
ちなみに私は新体操を引退してから
むくむくと太り続けました。
拒食症の次は、
見事に過食症になったのです。
 
 
(当時の自分は、自分のことを過食症
だと認識していませんでしたが・・・)
 
 
{FDE1DD31-96DF-477F-BD41-EE1EB8FED02F}
 
 
厳しい体重制限の下に
置かれているうちに、
 
食べることに異常なまでの執着心
を持つようになっていたのです。
 
 
それも自分では気づかないうちに。
 
 
バイトから帰ってきても
飲み会から帰ってきても
 
 

なんか物足りない・・・

昔のみちる

もっとお腹いっぱいになるまで食べたい!!

昔のみちる

 
という欲を抑えられないのです。
 
 
痩せよう!と決意しても、
ドカ食いの快感が麻薬のように
なってしまっていたのです。
 
 
 

だめだ、食べちゃだめだ・・・

昔のみちる

と思いながら食べてるんです。
 
 
考えていることと自分の行動が
まったく真逆でしたね…。
 
 
過食中、自分で止められたことは
1度もなかったです。
 
食べた次の日に感じる後悔と
ストレスで毎日辛かったです。
 
 
 
そんな私が
 

このままでは本当に腐ってしまう。

なんとか変わらないと!!!

昔のみちる

 
と思い、制限しなくてもできる
痩せ方を本やインターネットで
探しまくりました。
 
 
 
そして見つけたのです。
 
 
 
体重にとらわれることと、制限が
絶対にいやな私でもできる、
 
一切苦労なしなのに
効果抜群のダイエット法を。
 
 
 
たった1つのあること
をしただけで、ドカ食いを
しなくなったのです。
 
 
 

ドカ食いをやめたら想像以上に

良いことがたくさんありました。

 
 
 
①朝起きたときに胃もたれがなく
気持ちのいい朝を迎えられます。
 
その結果、
1日HAPPYに過ごせます✨
 
 
②脳が正常になりホルモンが
きちんと分泌されるので
食欲が普通になります✨
 
 
③食欲が普通になるので
我慢しなくても痩せていきます✨
 
深夜のドカ食いをやめると
HAPPYになって、
さらに痩せます。
 
 
 
 
そして、自分がHAPPYだから、
周りの人に対しても優しくなれます。
 
 
優しくなれるので、心に余裕ができ
ちょっとしたことで
イライラしなくなります。
 
 
 
そうして性格も明るく
ポジティブになっていき、
誰とでも親しくなれるのです❤
 
 
 
 
かしあなたがもし
このたった1つのある方法を
せずにこのままいくと…
 
 
毎晩、大量のお菓子や食べものを
食べてしまって、毎朝自分を
責め続けることになります。
 
 
 

なんで食べたの!!

 
と自分を責めても食べた事実は消えず
自分のことが嫌いになっていきます。
 
 
 
その事実を消そうとして
下剤を飲み次の日は家に引きこもり。
 
精神的に不安定になり、
心も体もぼろぼろに
なっていくのです…
 
 
そんな辛い未来は
今この瞬間に断ち切りましょう。
 
 

どか食いをしなくなる方法

 
 
 
は私が実践した
“たった1つのある方法”
をお教えします。
 
 
それは、
『食心理学のテクニックを使う』
という方法です。
 
 
同じ量の料理をよそっても、
満腹感を感じさせやすくする
テクニックを使うのです。
 
 
これはあのメンタリストDaiGoさんも
効果について語っており
心理学と脳科学で証明されています。
 
 
DaiGoさんによると、人って、
“食べること”に対して
意識的ではないそうなんです。
 
 
 
 
とえば、映画を観ながら食べた
ポップコーンは何個だったか
数えている人はいるでしょうか?
 
 
 
覚えていないですよね💦
 
 
 
残念ながら、人は自分が食べた量を
把握できません。
 
 
なぜかというと、
胃が満タンになったときと
 
脳が”お腹いっぱい”と感じるまでに
20分もの時間差があるからなんです。
 
 
では、人は何を目安にして
食べているのかというと、
「食器」や「パッケージ」です。
 
 
ホテルの朝ごはんで、
和食が小皿に盛られていて、
 
量自体はそこまで食べていないのに
お腹いっぱいに感じた
経験はありませんか?
 
 
 
人間の感覚はかなり
いい加減だということなんです。
 
 
実際の料理の質や量は
あまり関係ないんです。
 
 
その性質をうまく利用して、
満足度は同じのまま、
食べる量を減らしてしまうのです。
 
 
私たちは目で見た量で判断するので、
小さいお皿に盛り付けると
たくさん食べた!という
満足感を得ることができるんです。
 
 
まり、
同じ量を食べるとしても
大きい器に盛るより小さい器に
盛った方が満足しやすい、
ということなんです。
 
{AC5639EF-E513-4564-A32A-C5CA5B445FD9}
 
 
 
自然と食べる量が減り、
頑張っている意識のないままに
痩せていってしまうのです。
 
 
この人間心理学をつかって
むりに制限することなく
ストレスフリーに
ダイエットをしましょう✨
 
 
 
 
まずは普段何気なく使っている
食器を1つ、小さいものに
変更してみることから
始めてみましょう。
 
 
 
では、早速、明日の朝ごはんで使う
食器どれを小さいものに
変更するか今決めましょう✨
 
 
 
 
 
決められましたか?
 
 
 
心理学をうまく利用して、
満足度を保ったまま
HAPPYに痩せましょう❤
 
  
本日も読んでいただき
ありがとうございました。
 
 
 
 
 

みちる

この記事を書いている人 - WRITER -
元・非嘔吐過食おデブ根暗。見た目>体重✨過去の私のように悩んでいる人の力になりたい。心の幸せ・精神の安定が1番大事❤️
 

Copyright© Happy Diet Lab , 2018 All Rights Reserved.