【元・非嘔吐過食のブログ】非嘔吐過食時の食事日記を大公開

 

この記事を書いている人 - WRITER -

元・非嘔吐過食おデブ根暗。過食克服のために対人関係と考え方を矯正→自信がついて人と関わることが好きになり、毎日幸せに過ごせるようになりました。過食症を通して自分と向き合ったおかげで人生が変わった人。

みちる

この記事を書いている人 - WRITER -
元・非嘔吐過食おデブ根暗。見た目>体重✨過去の私のように悩んでいる人の力になりたい。心の幸せ・精神の安定が1番大事❤️

こんばんは。

元非嘔吐過食おデブ根暗のみちるです😭

 

非嘔吐過食時代に食べていたもの

 

人とご飯を食べるのが苦痛だった話

 

先日、本棚の整理をしていたら過去に私が非嘔吐過食に悩んでいたときの食事記録がでてきたので、今日はそれを公開しようと思います。

 

非嘔吐過食の方なら、「人が食べているもの」に興味があるのではないでしょうか?ちなみに、昔の私はそうでした。

 

過食をしてしまうことに罪悪感を抱いていて人にバレるのが恥ずかしいと思ってたので、友達や家族と一緒にいるときは必死で普通の人を装っていました。

 

だから、人と一緒にご飯を食べるときはものすごく神経を使っていました。

 

これ食べたいけどこれ食べてたらそんなんだから太っているんだよって思われないかな・・・

〇〇ちゃんはこんなに食べてるのにこの体型って、家ではどんなもの食べてるんだろう?

 

そういうことが頭の中をぐるぐると巡っていたので、人と食べるご飯はいつも苦痛でした😭

 

頭の中が休まらないし、食べたいものを食べられないし、友達と自分を比較して落ち込むし、笑っているときは二重顎になっていないか気にしないといけないし。

 

一緒にいる人をどう楽しませようか?自分がこの人のためにできることは何か?

 

なんて考えられるわけもなく、愛想笑いをしながらその時間が過ぎていくのを待つばかりでした。

 

        

 

その時間はとても息苦しくて、「自分は何のために遊んでいるのか?」「みんなあんなに楽しそうにできるのは何でなの?」と考えてしまうほど。

 

そしてそのストレスのはけ口は「過食」でした。

 

家に帰る前にコンビニに寄って、大量に食べ物を買って家に帰り過食をしていました。

 

繊細だった当時の私には、1人で無心になれる時間が必要だったのです。

 

とはいっても、無心で快感を感じられるのは一瞬だけ。

 

そのあとから激しい後悔に苛まれ、恐る恐る体重を測っては絶望しその増えた分を元に戻そうと下剤を飲んだり長風呂に入ったりしていました。(どちらも痩せないのに。)

 

そんな私も、今では「お腹が空いたら食べればいっか」と思えるようになり、人と一緒にご飯を食べることが好きになりました。

 

 

考え方だけではなく、体質も性格も変わりました。

 

あんなに大好きだった砂糖と小麦をあまり体が受け付けなくなって1番好きなのは「和食」になったし、

 

あんなに1人の時間が好きだったのに、今では接客業を本業にして人とのつながりに最も幸せを感じるようになりました。

 

今があるのは、あの頃の暗黒自体があったからこそです。

 

だからもし、あなたが昔の私と同じように暗黒時代にいたとしても大丈夫です。人は諦めなければ必ず変わることができるからです✨

 

悩んでいるのはあなただけではない、そうお伝えしたいです。

 

それをお伝えしたくて、今日は私が過食に悩んでいた頃の食事記録を後悔しますね。

 

これを見て、「私だけじゃないんだ」「同じように悩んでいても乗り越えられるんだ」ということを知ってもらえたら幸いです💌

 

非嘔吐過食の記録大公開

 

それでは紹介していきます。

 

あらかじめお伝えしておきますが、私はこれでも一応ダイエットを頑張っているつもりだったし本気で痩せなきゃと思っていたからこそ、レコーディングをしていました。

 

ちなみに当時の私は非嘔吐過食症だと気づいていなかったので、ドカ食いをしては翌日に断食をしようとして挫折する、というのを繰り返していました。

 

【当時の食事記録↓】

↑「3日分の過食<3日分の節制に。ちゃんとやりなよ。」って追い込みすぎてますね💦

 

↑「リセット日。コーヒー以外は食べないで!自分に負けるな!」って書いてありますね。結局お菓子食べてますけど。

 

↑左2日間は制限しているようですが、右側でその制限が爆発している様子が見て取れますね💦

 

↑右上に「生パン粉」って書いてますよね。普通だったら生パン粉そのまま食べるなんてありえないのに、生パン粉でもいいから詰めたい、ってなるところが過食の怖いところです・・・。

 

いかがでしたでしょうか・・・?

 

今思えば、当時は砂糖と小麦の中毒で、こんな栄養のないものばかり食べていたら過食沼に陥って当然なのですが、

 

当時は本当に痩せなきゃと思っているのにお菓子もパンもやめられないことに本気で悩んでいました💦

 

 

もし、あなたが昔の私の食事記録を見て

 

私と一緒じゃん!!

 

と思ったのであれば、まずは

 

【痩せようとする前に過食の克服をする】ことが大切です。

 

痩せたい気持ちは痛いほどわかりますが、まずは過食を克服しましょう✨

 

私が考案した過食克服プログラムは、7日間無料お試しが可能なので(自動課金はありません)まだ受け取っていない方はぜひこちらから受け取ってくださいね!↓

 

 

<<↓↓過食を克服して幸せな人生を送りたい方はこちら↓↓>>

 

 

 

みちるの過食克服プログラムの口コミは?効果はあるの?【実際に受けてくださった方の変化】

 

過食にお悩みの方は、ぜひ一緒に過食を乗り越えて自分の人生を輝かせましょう✨

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました✨

 

みちる

この記事を書いている人 - WRITER -
元・非嘔吐過食おデブ根暗。見た目>体重✨過去の私のように悩んでいる人の力になりたい。心の幸せ・精神の安定が1番大事❤️
 

Copyright© Happy Diet Lab , 2020 All Rights Reserved.