2020/09/10

【最強の過食克服方法】認知行動療法が有効な人とは

 

この記事を書いている人 - WRITER -

元・非嘔吐過食おデブ根暗。過食克服のために対人関係と考え方を矯正→自信がついて人と関わることが好きになり、毎日幸せに過ごせるようになりました。過食症を通して自分と向き合ったおかげで人生が変わった人。

みちる

この記事を書いている人 - WRITER -
元・非嘔吐過食おデブ根暗。見た目>体重✨過去の私のように悩んでいる人の力になりたい。心の幸せ・精神の安定が1番大事❤️

こんばんは!

最近味噌汁に

ハマっているみちるです。

 

お味噌汁って、1品で野菜や海藻も

一緒に摂れてマグネシウムや

ミネラルもたくさん摂れるし、

 

5分ほどで作れるし

何より美味しいので最高です✨

 

お味噌汁を美味しく作るためのコツは

「だし」にあります。

 

【カツオと昆布両方入れる】

ことが鍵なので、

ぜひやってみてくださいね✨

 

<<↓↓過食を克服して幸せな人生を送りたい方はこちら↓↓>>

 

て、今回は、過食克服に

非常に有効な「認知行動療法」

について紹介します!

 

前回は「認知療法」について

ご紹介しましたが、

【おすすめの過食克服法】認知療法とは

 

今日ご紹介する「認知行動療法」

さらに強力な効果があるんです✨

 

「過食を克服したい!」

という意思がある方は

ぜひこの先を読み進めて

 

認知行動療法について

知ってくださいね✨

 

 

認知行動療法とは

 

認知療法・認知行動療法とは、私たちのものの考え方や受け取り方(認知)に働きかけて、
気持ちを楽にしたり、行動をコントロールしたりする治療方法

(https://www.cbtjp.net/cure/ より引用)

 

つまり、

行動を変化させることで

思考パターンを変えて

ネガティブな感情を

変化させていく行動療法

 

物事を様々な面から捉えて

捉え方を選択する認知療法

認知療法についてはこちら

を掛け合わせた方法です。

 

 

では次に、認知行動療法を

実際にありそうなシーンに

当てはめて考えていきます!

 

認知行動療法の活用例

 

像してみてください。

 

あなたは、突然、学校や会社で

100人の人の前に立って

意見を言うよう求められました。

 

 

どうしよう・・・何も考えてなかった。やばいやばいやばい。

 

不安や焦りが出てきて

冷や汗が止まらなくなり、

 

 

マイクを持つ手がブルブル

震えて止まらなくなります。

 

どうしようこれで何も言えなかったらダメなやつだと思われる・・・

 

そして、何も言えなく

なってしまうのです。

 

(これは実際にあった過去の私の話です。)

 

このシーンを例にすると

不安や焦りなどの感情

汗が出たり手が震える身体反応は

コントロールできませんが

 

ダメなやつだと思われるという「認知」

何も言えなくなるという「行動」

自分で選択が可能だということです。

 

 

このように認知と行動を

選択できるようになれば

もう怖いものなし!

の無敵状態になれるので

 

この認知行動療法は

うつ病や不安障害、

統合失調症などの

改善にも広く使われています。

 

 

は次に、認知行動療法が

過食の克服にどのように

役に立つのか考えていきます。

 

過食克服に認知行動療法が最強な理由

 

どのようなときに使うのか

 

過食の克服過程では、

「過食スイッチへの対策」

を考えるとき

 

この認知行動療法を

応用していきます。

 

過食をしたあとに、

過食をする前の感情や

過食した後の考えを書きだし

 

  • どのような時に過食をしやすいのか?
  • それを防ぐにはどう行動すれば良いのか?

を考えていきます。

 

これを繰り返していると、

 

過食をしたという事実や

湧いてくる感情は

変えられないけれど、

 

そのあとの捉え方(認知)や

対策(行動)は自分で

選択できるということが

わかるようになって

 

自然と、自分で過食スイッチへの

対策をすることが

できるようになるのです✨

 

 

まり、この認知行動療法は

「行動」を変えることに

働きかけるから

非常に効果が出やすいんですよね✨

 

 

は言っても、この認知行動療法は

過食をしている全ての人に有効

というわけではないんです💦

 

 

でも、ある条件を持った人には

非常に有効なんです。

 

では「ある条件」とは何でしょうか?

 

 

認知行動療法が向いている人の「ある条件」とは

 

強の過食克服法「認知行動療法」

が向いている人の「ある条件」とは、

 

ズバリ、

 

過食を克服したい

という意欲が強い人

です。

 

 

認知行動療法は、

「認知」と「行動」

両方に働きかけるため、

 

非常に効果が出やすいのですが、

その分自分と向き合うことが

必要になります。

 

 

なので「過食を克服したい」

という意志が弱いと、途中で

投げ出してしまう可能性があるのです。

 

ですが逆に

「過食を克服したい」という

意志さえあれば、この方法は

非常に効果が出ます。

 

そして、この

認知行動療法も取り入れた

過食克服方法を提供するのが

 

私が考案した

過食克服プログラム」です。

 

初めの7日間は無料でお試しができて

8日目以降は申し込んで

くださった方のみ有料になりますが、

 

プログラム通りに行って

全く効果が出なかった場合は

 

全額の返金保障制度

ついていますので、

安心してご登録してください✨

 

※認知行動療法を活用するのは

第16回目以降になります。

 

認知と行動を自由自在に扱って

幸せなまま過食を

克服してしまいましょう✨

 

認知と行動を自由自在に

扱えるようになりたい方はこちらから

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

みちる

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
元・非嘔吐過食おデブ根暗。見た目>体重✨過去の私のように悩んでいる人の力になりたい。心の幸せ・精神の安定が1番大事❤️
 

Copyright© Happy Diet Lab , 2020 All Rights Reserved.